2009年11月25日

マッスル・イングリッシュ・プログラム 夏目雅浩 効果

詳細はこちらをクリック


「子供が言葉を覚えるように、英語を話せるようになりたい!」


そんな願いをかなえてくれる英語習得方法がありますので紹介しますね。


その方法は、「マッスル・イングリッシュ・プログラム」といいます。マッスルと英語の組合せがちょっとミスマッチな感じがするかもしれませんが、実は、ここが重要なポイントなのです。


英語は知識として頭に詰め込もうとしても、マスターできません。
体に覚えこませなければ、ペラペラ話せるようにはなれないんです。


かつて、私はこんな経験をしたことがあります。


大学に入った直後に1人の地方(宮崎県)出身者と仲良くなりました。しばらくして、ハッと気がついたんですね。


「アレ? 知らないうちに宮崎弁しゃべっている!」


そうなんです。知らないうちに体が宮崎弁を覚えてしまったのです。
私はけっして宮崎弁を知識として頭に詰め込もうとしたわけではないのです。


英語をマスターするときにも、この感覚が大事なんですね。
英語を体に覚えこませるのが近道なんです。
「勉強」ではなく、「スポーツ」だと思う事です。


「マッスル・イングリッシュ・プログラム」は英語を体に覚えこませるためのプログラムです。


あなたが行うエクササイズはたったの2種類です。


でも、それらのエクササイズで、子供が言葉を覚えるのと同じプロセスを経験する事になるのです。頭で考えなくても英語が口から飛び出すようになります。


このプログラムは1日30分、1ヶ月間のエクササイズで英語をマスターできるように作られています。これは、「約40倍速」とも言うべき習得スピードです。


プログラムに従ってエクササイズを進めるうちに、英語を話したくてウズウズ、なんて経験をするかもしれません。ちょうど、子供が覚えたての言葉をどんどん話したがるように。


そんな、英語習得方法です。





このサイトは、夏目雅浩さんの「マッスル・イングリッシュ・プログラム」のレビュー、内容、効果などの情報を公開しています。

詳細はこちらをクリック




成田式TOEIC900対策 成田文建 レビュー


TOEICリスニング495耳 林姿穂 レビュー


マッスル・イングリッシュ・プログラム 夏目雅浩 レビュー





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。